無縁なキャリア

女性の仕事に必要なキャリアとは、一体どんなものだろうか。自分が今までキャリアらしいキャリアを積んで来た事が無いので全く考えた事がなかったが、最近そう言えば自分は一体何が出来るのだろうかとふと考える事がある。会社に尽力をつくして賞賛された覚えもない。女性の仕事にもそれなりのキャリアが必要になると思うが、一体どんなキャリアが求められるのだろうか。
就職や転職のために職務経歴書を書く際、今まで働いていた会社にどんな功績を残したか記してアピールしなければいけないのだが、自己アピールが苦手な自分にとってはあれを書くのが苦痛で仕方がない。しかし、会社側には自分の良いところアピールをしなければならないのだ。自分のアホな部分をひたすら隠して能ある自分を会社側に伝えなければならない。それ程までに自慢できる事や誉る実績がないわたしは、それは四苦八苦したものだ。後ろ向きな性格や短所はいくらでも思い浮かんでアピール出来るのに。しかしそんな考え方も子供なのだろう。
キャリアウーマンと言う言葉が存在するが、昔も今も自分にとっては遥かに遠くて無縁な言葉である。わたしがイメージするキャリアウーマンとはきっちりとしたスーツを着こなし、髪をアップに纏めて重要書類を脇に抱える女性のイメージである。勿論清楚で美人なのだ。そんな女性になれるものならなってみたいものだ。そんな女性になるためのキャリアが確実に手に入るのなら、是非手にしてみたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です